SAGASU利用Q&A

操作やシステムに関するQ&A

Q1.SAGASUの実施に必要なIDやパスワードは何ですか?
A: ユーザー名・パスワードは次の通りです。
ユーザー名(ID) 学籍番号(9桁)
パスワード(PW) 統一認証パスワード(TWINSと同じ)
ID、パスワードを忘れた方は、こちらをご確認ください。

Q2.SAGASUの実施を中断したいときは、どのようにしたらいいでしょうか?
A: 入力の途中であっても、各入力ページにある登録ボタンを押してください。セルフチェックした日から
7日以内であれば、修正や追加入力が可能です。

Q3.SAGASUをやり直したいときは、どうしたらいいでしょうか?
A: やり直したいタイミングが、セルフチェックした日から7日以内の場合は、修正や追加入力が可能です。
7日を過ぎている場合は、修正や追加ができませんので、新たにセルフチェックからスタートしてください。
過去のデータは自動保存されています。削除したい場合は、「報告書」ページで削除することができます。

Q4.SAGASUの結果は8回まで保存できるとありますが、8回を超えて実施した場合、過去の結果は見られないのでしょうか?
A: 8回を超えた分は、自動的に削除されます。
報告書はPDFファイル化されていますので、8回の実施を超える前に、データをダウンロードするか、
プリントアウトして各自で保管してください。

Q5.SAGASUへ入力した内容が、他人に見られてしまう可能性はありますか?
A: SAGASUのシステムを管理しているキャリア支援室と就職課のスタッフは、内容を確認することができます。
但し、回答した方の許可がなければ、無断で内容を利用することはありません。
その他の教職員は、個人が特定されないよう集計・加工されたデータを利用することがあります。

結果の見方・活かし方についてのQ&A

Q1.SAGASUの結果をどのように使ったらいいのでしょうか?
A: あなたが1・2年生でしたら、SAGASUの結果から見えてきた自分の強みを伸ばしたり、課題を克服したりする
ために、これからどのような経験を増やしたらいいかを考えていきましょう。
たとえば、これまで関心のなかった授業をとってみる、やるかどうか迷っていた課外活動をやってみるなど、
どのようなことでも構いません。
そして、新たな経験が増えてきたな、と思ったらもう一度SAGASUをやってみましょう。

就職活動を意識し始める3年生以降は、自分自身をアピールするポイントを見つけるきっかけとしてSAGASUを
使ってみましょう。
自分で選択した強みを裏付けるための事例を書き出していく作業は、そのままエントリーシートや履歴書の
準備となります。

Q2.得点がすべて低くなってしまったのですが、どうやって強みを選んだらよいでしょうか?
A:SAGASUの得点は、自分の強みを見つけるきっかけですので、低い要素の中でも、相対的にできていると思える
要素があれば、それを強みとして選択してみましょう。他人と比べる必要はありませんので、まずは自分の中にあ
る判断基準で選んでみてください。

Q3.得点がすべて高くなってしまったのですが、どうやって課題を選んだらよいでしょうか?
A:高い要素の中でも、相対的にまだ改善の余地があると感じる要素があれば、それを課題として選択してみましょ
う。もしくは、現時点でできていると思っていても、もっと高めたいと思う要素があれば、それを課題として選択
しても構いません。

Q4.SAGASUのデータやプリントアウトしたレポートを効率よくまとめておく方法はありますか?
A:筑波大学では、みなさんの入学時につくばキャリアポートフォリオ(CARIO)を配布しています。
このCARIOは、みなさんの大学生活における経験や、そこからの気づきをまとめておくよいツールです。
ぜひ、CARIOにまとめておきましょう。

Q5.12要素はすべて高めなければならないものですか?そうだとすると、とても型にはまった人間を育てようとして
  いると感じてしまいます。
A:12要素のすべてを、バランスよく高めなければならないわけではありません。
自分にできていることや、不足していることを振り返ったり、他人にアピールしたりするためには、何らかの枠組
み(=共通言語)があると便利です。
自分を知り、他人に自分を伝えるための“道具“としてSAGASUを利用してください。

Q6.SAGASUの結果が成績に影響することはありますか?
A:一切ありません。

Q7.SAGASUの結果について、第三者から客観的なコメントやアドバイスをもらいたいのですが、どうしたらいいでしょうか?
A:キャリアサポート部門と就職課では、SAGASUの結果を用いたキャリア・就職相談に応じています。
相談を希望される方は、以下のメールアドレス宛てにご連絡ください。
Email:syushokuka#@#un.tsukuba.ac.jp(『#@#』を『@』に変更し、ご使用ください。)

Q8.SAGASUで測っている12の要素はどのように作られたのですか?
A:SAGASUの12要素は、社会に出て自立するために必要な力を定義した、経済産業省による社会人基礎力という枠
組みを参考にして、筑波大学キャリアサポート部門と学生部就職課の教職員が協働で検討し、独自に作成されたもので
す。社会に出て求められる力には、これら以外のものも多くあります。
SAGASUでは、特に学生生活を通じて意識して欲しいものを中心に示しています。

ちなみに、12の要素は以下の3つのカテゴリーに分類されます。
一つ目のカテゴリーは、自分が直面している問題や課題を解決する「解決行動」、
二つ目は、対人関係を構築していくための「対人対応」、
三つ目は、自分自身について考えるための「自己観察」の三つです。