CARIO | 筑波大学就職課オフィシャルサイト

つくばキャリアポートフォリオ CARIO

つくばキャリアポートフォリオ(CARIO)とは?

つくばキャリアポートフォリオ(愛称:CARIO)は、日々の経験からみなさんのキャリアを拓いていくためのツール。学生時代の経験・出会い・学びの積み重ねが筑波大におけるあなたのキャリアです。ワークシートを活用して記録を残し、振り返ることを通じてあなた自身のキャリアを築きあげていきましょう。入学直後の1年生から活用できるワークシートもあります。

ワークシートを入手しよう

※ログインが必要です。

※ダウンロードページにアクセスするためにはログインが必要です。
・学生
ユーザー名(ID):学籍番号9桁
パスワード:統一認証パスワード(TWINSと同様)
・教職員
ユーザー名(ID):統一認証システムで用いるID(UTID-13)
パスワード:統一認証パスワード

※パスワードが不明の場合は各図書館または学術情報メディアセンターで再発行してください。

CARIOを使って、自分の歩んできた道のり(キャリア)をもとに将来(キャリア)を考えることができます。

学生時代のさまざまな
経験・出会い・学び
(=筑波大学におけるキャリア)

CARIOを使って
記録を残し
振り返る

・自分を客観的に振り返ることができる
・目標設定(目標の再検討・再構築)ができる

将来(キャリア)を
考えることができる

・自分を客観的に振り返ることができる
・目標設定(目標の再検討・再構築)ができる

ポートフォリオ(portfolio)とは?

つくばキャリアポートフォリオの「ポートフォリオ」とは、もともと紙などを挟みこんでおく書類入れのことです。「書類を整理し、保管しておく」という機能をもった道具であり、必要なときに取り出して使えるようにしておくためのものです。みなさんの保管しやすい方法で、さまざまなワークシートに記録・蓄積していってください。

CARIOを使った先輩たちの声

毎日のちょっとした出来事やふと湧いた思いをぶつけられる場所ができた。自らの“思い”の変化や、これまでしてきたことの記録が残って、新しい自己の発見や自信につながっている。

昔に作成したシートを見返して、初心に帰ってがんばろうと思えることが一番の成果です。

(「日常生活への悩み」メモを活用して)自分がいったい何にもやもやしているのかはっきりさせるために、それに関する出来事、気持ちを書けるだけ書き出す。自分の気持ちが整理できて、それを見返せるので、同じことで悩まずにすむ。

就活のときに役立った!!
就活では「自己分析」が必要と言われるが、蓄積したワークシートを見返して、自分がどんなことを大切にしているのかという「軸」の部分が見えてきて、自己分析につながった。また、履歴書・エントリーシートや面接の参考資料として活用できた。

振り返りは「未来の自分につなげる作業」

振り返りは、何かの経験や体験からの気づきを整理することを通じて「良かった点」は再び体感できるようにするにはどうすればいいか、そして「課題・改善点」はどうすれば克服できるかをじっくり考え、自分のバージョンアップにつながる行動のきっかけとなるものです。

学生生活には、自身の成長の機会となる多くの経験があります。
皆さんが経験するあらゆる活動から得た情報や「気づき」をCARIOの目的別ワークシートに記録、使ったワークシートを蓄積しておくと、将来の進路選択や就職活動の重要なエピソードとしても役立ちます。

  • 授業
  • 課外活動(サークル活動、アルバイトなど)
  • 就職活動、進路決定など
「CARIO活用ガイド」はこちら

ワークシートを入手しよう

※ログインが必要です。

プリントしたものを、1D棟スチューデントプラザ2階のキャビネットでも配布しています。

※ダウンロードページにアクセスするためにはログインが必要です。
・学生
ユーザー名(ID):学籍番号9桁
パスワード:統一認証パスワード(TWINSと同様)
・教職員
ユーザー名(ID):統一認証システムで用いるID(UTID-13)
パスワード:統一認証パスワード

※パスワードが不明の場合は各図書館または学術情報メディアセンターで再発行してください。